冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

冷え性と戦い続けてはや10年、私の冷え性対策… そのまんま、試してください!!

私が試した冷え性対策と改善法 もっと知りたい方はこちら

食べ物で身体の中からポカポカ♪

ヒハツ

生姜ほど有名じゃないけど、温め効果は本物!“ヒハツ”
「とにかく生姜!」と信じていた私がある時に出会った、冷え性に効果のある香辛料“ヒハツ”を紹介。

more

グッズで寒さを乗り切る!

グッズ

エコで人気が高まる湯たんぽの効果的な使い方
エコな温まりグッズとして人気の湯たんぽ。効果的な使い方を教えます!

more

食事 -冷え性対策と改善法-

冷えに効果的といわれる食品や漢方を紹介します。定番からちょっとマニアックなものまで、いろいろ調べてみました。自称健康マニアの私が集めたディープな情報もぜひ参考に。

食品

[唐辛子]

唐辛子の成分・カプサイシンが血液の流れを良くして、体をあたためます。

冷えとの関係原料としての評価は?

[スパイス]

スパイスは天然素材からできた調味料。継続的に摂取していくと、良好な健康状態に…。

冷えとの関係原料としての評価は?

[根菜]

大根・にんじん・レンコン…根菜類にはよい血液をつくる栄養がたくさん入っているといわれます。

冷えとの関係原料としての評価は?

[お茶]

温かいお茶だから体を温める…とは限らず、実は体を冷やしてしまうお茶もあるのです。

冷えとの関係原料としての評価は?

[発酵食品]

血液をサラサラにする食品として注目されています。冷え性の人には、欠かせない食品です。

冷えとの関係原料としての評価は?

漢方

[ヒハツ]

冷えに悩む女性たちに、漢方でもあり、香辛料でもある「ヒハツ」が、今注目されているそうです。

冷えとの関係原料としての評価は?

[生姜]

生姜の成分ジンゲロールは熱産生成分といわれ、生姜には冷えを改善するはたらきがあります。

冷えとの関係原料としての評価は?

[人参]

人参は、血のめぐりを良くする、冷えに対する生薬としてよく知られていますが、他にもさまざまな効能が。

冷えとの関係原料としての評価は?

[葛]

古来より親しまれている葛には、多くの有効成分が含まれていることで知られています。

冷えとの関係原料としての評価は?

[甘草]

甘草(カンゾウ)は、マメ科の多年草。生薬として、漢方などで使われています。

冷えとの関係原料としての評価は?

30歳からのエイジングケア”

冷えをサポートするグッズを利用して、温まる対策をとっていきましょう。昔からおなじみのグッズも、現代にマッチするように進化しているものもあります。

more

運動をして、身体の血行を促進することは、冷え性改善には必要なことです。冷えを感じるときに、カンタンにできる体操をご紹介。

more

ここでは、「冷え性に効く代表的なツボ」を紹介します。自分で指圧できるツボだけに絞って、まとめました。

more

シャワーだけの入浴では体の芯まで温まりません。冷えに効果的な入浴法はやっぱりお風呂。体の芯まで温めましょう。

more

冷え性とは

冷え性とはどんな体の状態をいうのでしょうか。
冷え性と関係のある病気についてもお話します。

冷え性の症状

冷え性ってどんな状態?

冷え性の自覚症状、体質についてお話します。自分では気がつかない、「かくれ冷え性」にご用心!

冷えの種類

冷え性は、その原因によりいくつかの種類にわけられるそうです。まずは自分の冷えのタイプを知ることからはじめましょう。

体温が下がるとこんなことが…

体が冷えていると、体内の「酵素」の働きが低下し、その結果基礎代謝や免疫力が低下してしまいます。

冷え性と寒がりの違い

冷え症と寒がり。似ているようですが、実はまったく違うものだと言われています。

冷え性の原因

今一番多いのは…

冷え性になる原因として、最近もっとも多いのは「自律神経のバランスの乱れ」といわれています。

西洋の考え方

西洋医学の世界では、冷え性は自覚的な症状として扱われてしまうと聞きます。

東洋の考え方

東洋医学では「冷え性は病気の予備軍」、あらゆる病気の源になるものとして捉えられています。

身体を冷やす食べ物

体を「冷やす食べ物」と「温める食べ物」と、その「中間の食べ物」。その見分け方をご紹介しましょう。

冷え性から起こる病気

むくみ

むくみとは、血液や体液の循環が悪くなることで、体内の余分な水分が皮下組織などにたまった状態を言います。

肩こり

体が冷えると、体にさまざまな不調が起こりますが、肩こりもまた、「冷え」が原因で起こることがあります。

肌荒れ

冷えが原因で血液の流れが悪くなると、老廃物がうまく排出されなくなり、美肌を遠ざけてしまう要因に。

貧血

冷えは、貧血には大敵といえます。めまい・立ちくらみだけが貧血の症状ではありません。

自律神経失調症

冷え性は自律神経失調症をより悪化させてしまうこともあります。

女性と冷え性

なぜ女性に冷え性が多いの?

その理由は、男性よりも女性の方が「冷えやすい体の構造」になっているためと言われています。

気をつけたい女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンは冷えに大きく関係しているといわれていますが、なぜ女性ホルモンの乱れが、冷えにつながるのでしょうか?

男性と冷え性

これまでは冷え性といえば女性特有の症状だと思われてきましたが、最近では男性にも冷え性の症状が現れている人が多くなっていると言われています。

more

部分的な冷え

冷え性には、全身的にからだが冷えるタイプ、下半身が冷えるタイプ、手足が冷えるタイプ、内臓が冷えているタイプなどがあります。

暖かい場所にいても、また真夏でも、手が冷たいという人は、手の冷えが特徴の「末端冷え性」といえます。

more

足は心臓から一番遠いために血液の流れが悪くなりやすく、足の冷えやむくみが起きやすい部分です。

more

調べてみると、腰の冷えというのは、女性がなりやすい症状なのだそうです。

more

内臓型冷え性は自分では気付きにくく、冷え性を重症にしてしまうケースがあるそうです。

more

身体全体

からだ全体

全身が冷える冷え性は、老化現象からくる新陳代謝の低下が、おもな原因と言われているようです。

more

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.