冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 冷え性ってどんな状態?

冷え性ってどんな状態? - 冷え性の症状

冷え性の自覚症状とは?

冷え性とは一般的に、「手足や腰、下半身などがいつも冷たい症状、またはその体質」のことを言っています。体の他の部分は冷えていないのに、ある特定の部分だけが冷たさを感じるというのも、冷え性の症状です。

具体的な冷え性の自覚症状としては、

  • お風呂に入っても手足がすぐに冷えてしまう
  • 布団に入っても手足が冷えて眠れない
  • 一度冷えてしまうと、暖かい部屋にいてもなかなか温まらない
  • 暑い夏でも足が冷えている

…といった症状などがあります。

冷え性は体質だから、仕方がないの?

「冷え性なのは体質だから」と諦めている人もいるようですが、日常生活や食生活の習慣など、冷えの原因を作っている習慣を改めることで、冷え性体質は改善することができます
生まれたばかりの赤ちゃんに冷え性がいないことからもわかるように、冷え性は私たちの日常生活や食生活の習慣によってできた体質と言えるのです。

私もひどい冷え性でしたが、自分の生活習慣を見直して、冷え対策を取るようになってから、少しずつですが冷えを感じる度合が軽減してきました。体質は変われるものなのです。

かくれ冷え性に、ご用心!

本「かくれ冷え性は万病のもと」(佐藤巳代吉著)によると、外見は血色も良く、健康そうに見えても、自分では気がつかない体に冷えがあるために、免疫力が低下し、体調を崩しているケースがあるそうです。このように、かくれた冷えがある場合、「かくれ冷え性」と呼んでいるそうです。自覚のない冷え性のことですね。
体格や顔色が良くても、風邪をひきやすい、疲れやすい、肌あれ、アトピー…などの症状があるとき、実は体の内部に「冷え」が隠れているというケースは多くあるそうですよ。

「かくれ冷え性」の人は、不調が出てきても病院で検査を受けると「異常はない」と診断され、不調の治療を諦めているケースが多いと聞きます。不調が回復しないときは、「かくれ冷え性」を疑ってみてほしいと、呼びかけるお医者さまもいます。
水面下に「冷え」という原因があるのに、そこに気づかないばかりに、不調やトラブルを好転できないでいることは多く見られるというわけです。
早めに冷え性を自覚して、改善する対策をとることが大事です。

冷え性からくる主な症状

※個人的に調べた内容ですのであくまで参考程度に留めてください。症状の断定や診断等をするものではありません。症状や診断については必ず医師に確認してください。

冷え性は、体に不調やトラブルなどを起こすだけでなく、集中力の欠如やイライラなど、精神状態にも影響が現れることもあります。
冷え性が原因でおこる主な症状についてまとめました。

むくみ

夕方足が太くなったり、冷えて手や顔が腫れぼったくなるのが、むくみです。冷えることで、水分代謝のバランスが悪くなり、腎臓機能が低下して、むくみを引きおこします。

頭痛・肩こり

冷え性になると血の巡りが悪くなり、乳酸という疲労物質が増加・蓄積されていき、肩こりになります。また体が冷えることで、首や肩、背中の筋肉が緊張し、血液循環が悪くなります。それにより、頭痛が起こります。

腹痛、下痢・便秘

冷えを感じると、胃や腸が冷えて働きが悪くなり、腹痛や下痢、便秘が起こることもあります。

慢性疲労感

「朝起きるのがつらい」「横になって休みたい」というような症状が、慢性疲労の状態です。体が冷えることから血流が悪くなり、体内に疲労物質である乳酸菌が蓄積され疲れになり、それが続いていくと慢性疲労の状態になります。

集中力の低下・抑うつ感

冷えが慢性化することで、臓器の機能が低下し、食欲不振や倦怠感が出てきます。さらには自律神経のバランスが崩れ、鬱(うつ)や苛立ち、物事に取り組む意欲や集中力の低下が起こるようになります。

アレルギー、肌アレ、シミ

女性には特に気になる肌荒れ。冷えによる血行不良によるものです。血行不良になると代謝が悪くなるので老廃物がうまく排出されず、細胞の活性化が停滞してしまい、その結果、吹き出物やシミ、シワ、肌荒れになってしまいます。

眠れない

体温と眠りは深い関係があります。人は体温が上がってから眠りに入るというメカニズムがあります。冷え性の人は血行が悪くなるので、このメカニズムが狂ってしまいます。よって、体内温度がなかなか上がらないために眠ることができなくなることも多くあります。また、手足が冷えてしまうことで、集中して寝ることができなくなるケースもあります。

薄毛・脱毛

慢性の冷え性のために、頭髪への血流が悪くなり、毛根部分の代謝が低下して栄養成分が不足してしまい、脱毛が起こります。

生理不順

慢性的な冷えが自律神経に影響し、ホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。それが原因で生理不順が起こります。

胃がもたれる

冷えから自律神経が弱ってしまうと、消化液の分泌を抑制してしまい、食べ物をうまく消化できなくなります。それにより、胃もたれが起きてしまいます。

風邪をひきやすい

冷え性は体温調節機能をはじめ、体の各機能を低下させていきます。それによって、抵抗力が弱くなり、風邪をひきやすくなります。

冷え性体質を正しく改善しましょう

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.