冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 体温が下がるとこんなことが…

体温が下がるとこんなことが… - 冷え性の症状

体温が1度下がると、免疫力は40%低下する

日本人の平熱は、一般的には36.5度前後といわれていますが、最近は35度台の低体温の人が増えているそうです。こうした36度未満の体温を、「低体温」と呼んでいます。
低体温はこれまで女性に多くみられてきたようでしたが、近年は男性や子どもにも増えてきていると言います。体温が下がると、どんなことが起こってくるのでしょうか?

  • 体温が1度下がると、基礎代謝が12%低下
  • 体温が1度下がると、免疫力がおよそ40%低下

体温が下がると、体内のさまざまな化学反応を促進している「酵素」の働きを低下させてしまいます。その結果として、基礎代謝や免疫力が低下してしまうそうです。
酵素は、体内で食べ物などを分解したり、体の栄養素を作ったり、悪い物を解毒したりする物質。温度で左右され、36.5度でもっとも働くようになっています。
つまり、体が冷えていると、大事な酵素がちゃんと働いてくれないわけですね。そうなると、基礎代謝や免疫力が低下してしまうことになるわけです。

ガンは冷えが大好き

体内にある「酵素」がもっとも活発に活動しやすいのが、36.5度前後の体温です。低体温になると酵素が体内で十分に働いてくれないので、疲れやすかったり、免疫力が落ちたり、さまざまな症状や病気をもたらす原因にもなってしまいます。
「ガン細胞は35度で最も活発になる」という記事を目にしたことがありましたが、免疫力が下がるということは、ガンの発症率が高くなり、ガン細胞への抵抗力が下がるということ。ガン患者さんのほとんどが冷え性だと紹介しているお医者さんもいます。

ガン以外にも低体温は、糖尿病、骨粗しょう症、間質性肺炎、認知症、アレルギー疾患などさまざまな病気をおこすとも言われているようです。
体温というのは、大事なのですね。

体温が下がると、どんな症状があらわれるの?

体温が下がると、こんな症状があらわれてきます。
(参考:「体を温めると病気は必ず治る」三笠書房・石原結實 著より)

  • 36.5度…健康で、免疫力旺盛な状態
  • 36.0度…震えることによって熱生産を増加させようとする状態
  • 35.5度…この体温の状態が続くと、排泄機能低下・自律神経失調症・アレルギー症状があらわれる
  • 35.0度…ガン細胞がもっとも増殖する温度
  • 34.0度…水におぼれた人を救出後、生命の回復ができるか、ぎりぎりの体温
  • 33.0度…冬山で遭難し、凍死する前に幻覚が出てくる状態

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.