冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 冷え性が関係する病気

冷え性が関係する病気

※個人的に調べた内容ですのであくまで参考程度に留めてください。診断等をするものではありません。症状や診断については必ず医師に確認してください。

冷えが病気を起こすメカニズム

「冷えは万病の元」という言葉通り、冷え性をほおっておくと病気に発展することもあります。
「冷え症」(仙頭正四郎・土方康世:著)によると、冷え性を放置すると、酵素が活性化されなくなるために、各臓器の代謝が悪くなり、全身の臓器の機能低下が起きてきます。そして、冷えることで血管が収縮し、血液温度が低くなるために、 血流が悪くなります。
そうした状態が続くと、血液がとどこってしまい、各臓器の機能障害が起きて、脳や各臓器の病気をおこす引き金になる可能性があるといいます。
最近は「ガンは冷えた環境を好む」ということが雑誌や本などで紹介されていますから、こうした病気にならないためには、冷えを積極的に改善しようと心がけることがいいようです。

気をつけて!冷えから発展する病気

冷えは動脈硬化などの血管の病気や、婦人科疾患などの病気に発展することがあります。また、冷え性が免疫力の低下を招くために、アレルギー性疾患などが起こることもあります。
以下は、冷えから発展するといわれる病気の一部です。冷えがたまると、体の弱いところに症状が出るそうです。

  • 気管支炎、気管支ぜんそく
  • 自律神経失調症、心身症
  • 腎臓病、膀胱炎、
  • 子宮内膜症、不妊症
  • 慢性関節リウマチ
  • アトピー、花粉症
  • 動脈硬化など…

(参考:本「冷え症を治す」高木嘉子著)

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.