冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 肩こり

肩こり - 冷え性が関係する病気

冷えは肩こりの大敵!

肩こりになる原因は、さまざま考えられるようです。
姿勢の悪さや、デスクワークなどでの無理な姿勢から筋肉疲労をおこして肩こりを発症しているケース、精神的な緊張状態やストレスから肩こりを発症しているケース、眼の疲れから肩こりになっているケース…など、いろんな原因が考えられます。
体が冷えると、さまざまな部分に痛みやだるさを感じることがありますが、肩こりもまた、「冷え」が原因で起こることがあります。

体が冷えて血のめぐりが悪くなると、筋肉に新鮮な血液が供給されにくくなり、筋肉に老廃物や疲労物質がたまってしまうために、肩こりになるというのです。さらに、冷えは体を硬直させる状態が続くので、肩の筋肉が緊張して、肩こりの症状が強まることもあります。冷えると、無意識に肩に力が入っていますよね。あの状態も肩こりに影響するんです。

こうした冷えによる肩こりを解消するなら、冷え対策をとることが第一の解消法なのだそうです。
夏でもエアコンの効いた部屋で長時間過ごすことになると、体が冷えて血液のめぐりが悪くなり、肩こりの原因にもなります。姿勢を正すことも、肩こりを緩和するには必要ですが、体を冷やさない工夫、そして体を適度に動かす運動を行い、血行を良くすることも大事です。

肩こりの塗り薬や貼り薬などは、一時的にその部分だけの血流がよくなるだけで、またすぐに肩が凝るようになります。まずは体をあたためる対策をとることが、必要だといえるでしょう。
特に下半身が冷えていると、体が温まりません。足元から温めるようにしましょう。

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.