冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 自律神経失調症

自律神経失調症 - 冷え性が関係する病気

自律神経失調症とは

病院で検査をしても特に体に異常はないのに、疲れやすい、頭痛、めまい、手足の冷えやしびれ、苛立ち、食欲不振、不眠、息切れ・動悸…などの症状が起こっている場合は、自律神経失調症と診断されることがあります。
自律神経失調症の原因は、悩み、不安、心配などの精神的ストレス、内分泌器官の機能の乱れや低下、冷えや過労などがあげられるようです。

冷え性と自律神経失調症

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は、血液の流れやホルモンの分泌を抑える働きをするのに対して、副交感神経は血液の流れやホルモンの分泌を積極的に促す働きをします。この2つの神経が、内臓器官、心臓の拍動、血圧などに対して、互いに相反する動きをしながらバランスを整え、私たちの健康が保たれています。

私たちが36.5度前後の体温を維持できているのは、この自律神経の働きのおかげです。
寒くなると、脳にある自律神経から体温調節中枢に伝え、体内で生み出される熱の量や放出する熱の量を調整していきます。
しかし、ストレスや冷えなどで交感神経が強く働く状態が続くと、血管は収縮状態のままになってしまい、全身にめぐる血液量は少なくなります。内臓を機能させるために、腹部に優先的に温かい血液が運ばれて、手や足が冷える冷え性となります。また、副交感神経が強く働きすぎると、血管は拡張した状態が続いて体温は放出されやすくなり、さらには血圧も低くなるために、血液を循環させにくくなります。それにより冷え性が起こるといわれています。

冷え性は自律神経失調症をより悪化させてしまうこともあります、また、自律神経失調症の症状のひとつが冷え性だといえるのです。

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.