冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 今一番多いのは…

今一番多いのは… - 冷え性の原因

今もっとも多い冷え性は、自律神経の乱れから起こる冷え性!

冷え性になる原因はさまざまありますが、最近もっとも多いのは「自律神経のバランスの乱れ」から起こる冷え性といわれています。

自律神経ってナニ?

自律神経とは、心臓を動かしたり、汗をかいたり、体温を調整したり、食べ物を消化する…などの、自分の意思ではコントロールできない自動的に働く神経のことです。
たとえば、外の気温が上がったら体温が一定に保たれるように調整し、ホルモン分泌の調整をし、体内に細菌やウイルスが侵入したら抵抗力をつけ、発熱したときには熱を下げようと免疫を調整したりしています。
私たちが意識していなくても、食べ物が消化されたり、汗をかいたりするのは、自律神経の働きのひとつなのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの神経があります。
これら2つの神経は、1つの器官に対してまったく逆の働きをします。血管の「拡張」と「収縮」、消化液分泌の「促進」と「抑制」というように、真逆の働きをバランスよく行っているのです。
何かの原因でこの2つの神経のバランスが崩れ、心や体にいろんな症状が出てきた状態が、「自律神経失調症」です。

自律神経の乱れは、冷えを招く

自律神経のバランスが崩れる原因は、暑さや寒さなどの環境的原因をはじめ、栄養失調や睡眠不足、出産・閉経などの身体的原因…などさまざまありますが、最大の原因はストレスと言われています。自律神経はストレスの影響を受けることが多いのですね。

ストレスを感じると、交感神経が緊張して、血管が収縮して血行が悪くなり、冷え性になります。
自律神経がバランスよく機能している場合なら、気温に応じて全身の体温調節がうまく行えるのですが、自律神経のバランスが崩れてしまうと、寒さや暑さに応じて、血管を収縮させたり拡張させたりするコントロールがうまく行えなくなってしまい、血行不良の状態になるのです。すると、体のすみずみまで温かい血液が届きにくくなり、手先や足の冷えが起こりやすくなってしまいます。
自律神経のバランスが崩れると、末梢血管の血のめぐりが悪くなるために、手足が冷え、「足は冷たいのに、顔はほてる」といった「冷えのぼせ」になることもあるそうです。

ストレスがたまっているかも…と感じたら、自分でできるだけストレスを解消できるように、運動などで気分転換を図りましょう。そうした気分転換の方法を持っていることは、冷え性対策には大事になるようです。

(参考本:「かくれ冷え症は万病のもと」佐藤巳代吉著)

冷えやすい人は、こんな人

「ウエルネス研究所」のWEBサイトに、「こんな人が冷えやすい」という項目がありました。一部を参考にしてまとめてみました。

いつも薄着の人、ミニスカートを穿いている人

薄着ファッションは、からだの表面から熱を逃がすことになり、一番冷やしてはいけない場所を冷やすことになります。ミニスカートをはくなら、足腰のガードを忘れずにしましょう。

水分・栄養の摂りすぎる人

水分や栄養の摂りすぎなどで、余分なものを蓄えている状態が度を超えて多くなると、流れを邪魔する障害物になり、熱の運搬を邪魔して冷えの原因になります。食べ過ぎ・飲み過ぎには注意しましょう。

ストレスが多い人、抑うつ気分の人

気分の状態によっても熱の産生が変わります。強いストレスや抑うつ気分は、気が滞って、熱の産生が減り、冷えを起こしていきます。

ダイエットをしている人、ダイエットを繰り返している人

偏った食生活や栄養不足は、貧血を起こす原因になり、貧血は冷えを招き入れていきます。

タバコを吸う人

ニコチンが毛細血管を収縮させてしまい、血液の循環が悪くなるので、体温の低下が起こります。

ハイヒールをよく履く人

ハイヒールはつま先がきつくなっていて、かかとが高いスタイルになるため、足元の血行を悪くしてしまいます。それが足元に冷えを呼び込みます。

締めつける下着をつけている人

体を締め付ける下着を身につけると、体の血行不良を引き起こし、体が冷えてしまいます。ガードルやボディースーツなどに注意しましょう。

入浴時間が短い人、シャワーで済ます習慣のある人

一年中、シャワーだけですませている人は、冷え性になりやすい人です。シャワーでは体の内部から温まることができないからです。また、熱いお湯に短時間入浴する習慣のある人もまた、体の表面だけ温まることになり、冷えが改善されていきません。

果物や生野菜が大好きな人

生野菜は体を冷やします。果物にも、からだを冷やすものが多くあります。

気になる人は冷え性対策の食事などを考えましょう

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.