冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > 東洋の考え方

東洋の考え方 - 冷え性の原因

東洋医学からみた病気とは?

東洋医学では、起こっている病気や不調を「からだ全体のもの」として捉えるそうです。病気や不調が起きているのは、からだのバランスが崩れていることが原因という考え方です。
病気・症状が出ている部分だけを見るのではなく、からだ全体のバランスを見て原因を明らかにして、その人の体質にマッチした治療を施していきます。

からだのバランスを保っているのは「気」「血」「水」という要素だと考えていて、この3つの要素がきちんとからだを循環することによって、心身が整えられ、健康が保たれていると捉えます。

  • 「気」とは、心身の活動に必要なエネルギー。
  • 「血」とは、体内を流れている血液のこと。
  • 「水」とは、からだの中の血液以外の水分。体液や分泌液などです。

この3つの要素のうち、一つでも働きがおかしくなると、すべての循環に支障が出てしまいます。これが、病気や不調などになって現れてくると考えるのです。

東洋医学からみた冷え性

東洋医学で冷え性をみるとき、どこが冷えるか、ほかの部分の状態はどうか…をいうことを大切にするそうです。
めぐりの悪さが原因で冷えが引き起こされていると考える東洋医学の「冷え性」は、冷えの場所や冷えと熱が混在する場所などが、冷え性の原因を解明するヒントになります。からだをめぐる「気」「血」「水」という要素の働きかたを探り、冷えの原因を明らかにしていくのです。

気の乱れ

気が乱れると、下半身が冷えて上半身がのぼせる症状が起こります(冷えのぼせ)。

血の乱れ

血が停滞すると、骨盤腔内、手足の冷え、下腹の冷えなどが起こります。

水の乱れ

水が停滞すると、胃腸の機能低下に伴って冷えが起こります。

東洋医学での冷え性の治療法とは

東洋医学での冷え性の改善策として、おもに漢方薬を使用した治療方法があります。「気」「血」「水」の不足を補い、流れの滞りを調整することで、からだのバランスを調整し、冷えを改善するという考え方です。ですから、たとえ同じ「冷え」であっても、一人ひとり個別によって、服用する薬が異なります。
薬だけに頼るのでなく、食事や心の状態、生活習慣などから体の回復を考えていきます。
東洋医学では、漢方薬治療のほかにも、医食同源に基づいた食事療法、鍼灸療法、気功療法などの治療法があります。

漢方薬で冷え性治療

西洋医学で処方される薬は、動物実験で作られた化学薬品ですが、「漢方薬」は植物や動物などから抽出したり、粉末化にした天然の産物です。三千年という長い間に効能が確かめられてきた、天然薬物なのです。
東洋医学で冷え性をみるときは、顔色や脈、眼や鼻、舌の状態を診察し、自覚症状、生活習慣やストレスなどの有無なども聞くそうです。そうした情報をもとに、それぞれの冷えのタイプを見極め、冷えの原因を取り除けるような、全身治療を行っていくことになります。

漢方薬は、天然の植物、動物、鉱物などを原料とした「生薬」を組み合わせて処方されています。
ですから、漢方薬にはさまざまな作用をもたらす、さまざまな成分が含まれています。からだへの作用も単純ではありません。
漢方薬には身体を温めるものはさまざまあります。身体を温めたり、ほてりをさましたり、血行を良くしたりする効果のものなどです。それぞれの冷えのタイプによって、冷えを根本から改善しくものや、その逆に体を温める効果を持つ漢方薬が処方されます。つまり、人によって、処方される漢方薬は変わるのです。
こうした漢方薬は、冷え性を改善するだけでなく、乱れた体のバランスを整えてくれる作用があるので、体質改善にも役立ちます。

(参考本:「かくれ冷え症は万病の元」佐藤巳代吉著)

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.