冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性とは > なぜ女性に冷え性が多いの?

なぜ女性に冷え性が多いの? - 女性と冷え性

女性が冷えやすい理由とは?

最近では男性にも冷え性がみられるようになりましたが、それでも冷え性は圧倒的に女性に多くみられる症状です。
その理由は、男性よりも女性の方が「冷えやすい体の構造」になっているためと言われています。どういうことなのでしょうか。調べてみました。

月経がある、子宮・卵巣がある

女性には月に一度、生理があります。生理になると、血液の量が一時的に減ることになり、赤血球で運ばれる酸素の量が減少するそうです。そうなると、食べ物が分解されにくくなり、体のエネルギー源が不足し、冷えやすくなります。
また、卵巣や子宮という女性特有の内臓は、特に血液が滞りやすいと言われています。そのため、女性は体全体に熱が運ばれにくく、冷えやすくなっていると言われています。

薄着ファッション

寒い季節や冷房が効いている場所にも関わらず、ミニスカート、薄い素材の洋服、素足…など、流行のファッションを意識した女性の薄着ファッションは、体を冷やす大きな原因です。
また、体型をスリムに見せようとして、体を締め付けるようなキツイ下着を着用していると、血液の循環が悪くなるので、冷えやすくなります。

ダイエット

ダイエットは「いつも美しく」と願う女性にとっては、大きな関心事。中にはダイエットをするために、食べないことで痩せようとする人もいます。食べる量を極端に減らしたり、野菜ばかりの偏った食事を続けていると、栄養不足になるためにエネルギーが作られなくなります。それにより、熱が生まれにくくなり、冷えてしまいます。
また食べないことで貧血になると、血のめぐりが悪くなるので冷え性になります。

男性より筋肉が少なく、脂肪が多い

筋肉の果たす役割の中には、体の熱を作り出すという大切な役割があります。筋肉が生み出す熱によって、温められた血液が全身をめぐり、体温を保っているのです。つまり、筋肉が動くことで熱がつくられ、体が温まるというわけです。
しかし、女性は男性に比べてもともと筋肉量が少なく、また筋肉がつきにくい体の構造になっています。ですから男性よりも冷えやすくなっています。
また、男性にくらべて女性は、体に脂肪が多くあります。妊娠、出産のための保護の役目を果たすように、体ができているからです。ただし、この脂肪は一度冷えてしまうと元の温かさに戻りにくい性質があります。この脂肪が、冷え性の原因にもなってしまうこともあります。

女性ホルモン

女性ホルモンと自律神経は、同じ大脳の視床下部でコントロールされています。女性ホルモンのバランスが崩れると、体温を調節する働きがある自律神経も乱れてしまい、血行が悪くなってしまいます。女性ホルモンと自律神経は互いに影響し合いながら作用しているのです。
女性が経験する初潮・生理・妊娠・出産・閉経は、女性ホルモンのバランスが大きく変化する時。この時期には自律神経のバランスが崩れやすく、冷え性になる女性が多くいるそうです。

(参考本:「冷え症を治す」高木嘉子著)

冷え性とは

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.