冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性対策と改善法 > 原料としての葛

葛 - 健康食品原料としての評価

葛といえば、その「根」の部分に薬用成分があるとして、昔から利用されてきました。でも最近では、葛の「花」部分にも高い効能があることがわかって、注目されているそうです。そんな「葛の花」には一体どんな効能があるのか、知りたくありませんか? 葛の花を解説したサイトを探してみました。

葛の「花」に、ダイエット効果&肝機能の改善効果が

大正製薬のヘルス&ビューティ研究所が発信するサイト「葛の花研究室」。葛の花について詳しく紹介されています。「葛の花」にはイソフラボンやサポニンなどが含まれていて、二日酔いや更年期の症状に効果があること、さらにはダイエット効果や、体の中からキレイになるための働きがあることがわかっているそうです。すごいですね、葛の花。
秋の七草の一つで、「雑草」というイメージしかなかった葛ですが、これから見方がガラリと変わりそうです。詳しくはサイトでどうぞ。

詳しくはこちら

二日酔いに葛の花を利用していた、水戸黄門

BSで放送されている「サプリのチカラ」という番組のサイトに、「葛の花エキスのチカラ」というタイトルの記事が紹介されていました。あまり知られていない「葛の花のエキス」の情報が得られます。その中に、酒好きとしても知られていた水戸黄門が、葛の花を利用して二日酔いを予防していたというエピソードを発見。葛の花には二日酔いなどの肝機能改善作用があるそうです。あまり知られていない葛の花の働き。それが次々と明らかになったのは、ごく最近のことだそうですよ。

詳しくはこちら
  • 【サプリのチカラ】「酒を消す」効果を持った葛の花エキス
    http://www.supplerank.com/tv/12.html

冷え性対策と改善法

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.