冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性対策と改善法 > グッズ

グッズ - 冷え性対策と改善法

冷え性対策グッズいろいろ

冷えをサポートするグッズを利用して、温まる対策をとっていきましょう。
昔からおなじみのグッズも、現代にマッチするように進化しているものもあります。温まりますよ。

湯たんぽ

お湯を沸かして入れるだけで、体をやさしく温めてくれる湯たんぽ。ガスも電気も使わないから経済的。しかも、電気毛布などの電気で温めるタイプに心配されるような電磁波の影響も、湯たんぽならば心配はありません。自然のやわらかな温かさで、体を気持ちよく温めてくれます。

この湯たんぽ、近年はエコな温まりグッズとして人気が高まり、その種類もバラエティ豊富になってきています。たとえば、高価ですが熱伝道率の高い純銅を使った純銅製の湯たんぽ。素材がやわらかいから当たっても痛くないウエットスーツ素材の湯たんぽ。ぬいぐるみのカバーがついた見た目がよい湯たんぽ…など、さまざまあります。
私は、純銅製湯たんぽのミニサイズを購入して使っています。お湯を入れて10時間も、その温かさが持続するので、体がぽかぽかになりますよ。寝るときだけでなく、仕事のときは、膝や太ももの上や下に置いて、ひざかけをかけて使っています。銅は熱伝導性と保温性にすぐれているのですね。以前は、アルミ製の大きな湯たんぽを使っていたのですが、わりとすぐに冷めてしまうので、その都度お湯を入れなおす必要があり、やや面倒でした。この湯たんぽは、お湯を1回入れても長時間その温かさが持続するので、便利です。しかも、じっくりとよく温まります。

また、ウエットスーツ素材の湯たんぽには、通常の湯たんぽだけでなく、その柔らかい素材とタフさを生かして、肩にのせる湯たんぽや、顔にのせる湯たんぽ、足にはくブーツタイプの湯たんぽ…などが開発されています。こちらにも、心が惹かれます。
たくさんある湯たんぽ製品。自分に合ったものを選ぶのも、また楽しいですよね。

おすすめ!湯たんぽの使い方

私の湯たんぽの使い方は、この本を参考にしています。
東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックの班目健夫さんの本「湯たんぽを使うと美人になる・4つの筋肉を温めるのがコツ!」です。

この本によると、全身の筋肉は約70~80%が膝からお尻の間に集中しているので、まずは「太腿」「お尻」から湯たんぽで温め、次に「お腹」「二の腕」などを温めると効果的だといいます。
手足が冷えるからと言って、足先だけを温める人がいますが、太腿とお尻を温めないと体は温まらないそうですよ。太腿とお尻を温めることで、手足の冷えを改善した人は多いと書いてあります。私もまずは太腿とお尻を温めることにしています。もちろん、湯たんぽで。

靴下

冷え性にいい靴下といえば、5本指靴下が有名ですね。足の指の間にかく汗が冷えて、体温低下を招いているということで、足指の間の汗を吸収できる「5本指靴下」がすすめられています。ただし、5本指靴下を使った「冷えとり健康法」は、ただ5本指靴下を履けばいいというわけでなく、決められた作法があるんですよね。
吸湿性・放湿性の高い絹の5本指靴下を最初に履いて、その上に天然素材の靴下を重ねて履き、足元を常に温めるというもの。この場合、靴下の重ねばきをすることになるので、締め付けすぎて血行を悪くしないように注意しましょう。

また、温める機能がついた靴下は、たくさん登場しています。
新陳代謝を促進してくれるトウガラシの成分「カブサイシン」を配合した靴下、マイナスイオンを発生させるトルマリンを配合した靴下、発熱素材を使用した靴下などがあります。
確かにこうした靴下は、ウール100%や綿100%の靴下よりも、温かいですよ。靴下を見直して、足元から冷え性対策に利用してみましょう。

腹巻

人のからだの体幹部分である、お腹周辺を直接温めると、内臓に集まった血液が手足の先に流れるようになるそうです。ですから、腹部や腰部をあたためるというのは、大事な部分なんですね。
腹部は脂肪が多いところ。一度冷えた脂肪は温まりにくく、一度腹部が冷えると子宮や卵巣にも影響が及んでしまいます。子宮や卵巣に冷えが続くと、婦人科疾患のトラブルに発展することもあります。ローライズのパンツスタイル、薄いシフォン系の洋服など、女性のファッションは腹部や腰部を冷やしやすいものが多くあるので、腹巻などで体を温めることは大事なことです。
女性は、「子宮と卵巣を集中してあたためるべき」とも言われるのは、そういうことからなんですね。

最近の腹巻には、いろんなタイプが登場していて、選ぶ側も自分に合ったものが選べるようになってきました。
たとえば、遠赤外線やゲルマニウムの効果などを加えた機能性腹巻。夏でも使用できるシルク素材の腹巻き。アウターにひびかない薄い素材の腹巻。発熱素材で作られた腹巻。おしゃれなレース柄の腹巻…などです。
一枚つけるだけで、全然冷え方が違ってきますよ。

冷え性対策と改善法

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.