冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 冷え性対策と改善法 > お風呂

お風呂 - 冷え性対策と改善法

ぬるめのお湯でじっくりと温まろう

手軽にシャワーだけで入浴を済ます人が増えているようですが、シャワーだけでは体の芯まで温まりません。かえって、体に冷えをためこんでしまいます。シャワーより、お風呂に入浴する方が、体は温まるといえます。
でも、熱いお湯で全身浴をしても、体を芯から温めることができません。熱いお湯で急激に温まった体は、体の表面だけが温まった状態です。お風呂から上がってから、冷めるのが早くなります。そして、あまりにも熱いお湯はストレスの元。自律神経にも良くはありません。
冷え性には、ぬるめのお湯(40度以下)でじっくりと温まる方法がおすすめです。中でも「半身浴」は、冷えた下半身を中心に温め、下半身の血のめぐりを良くして全身を温める入浴法です。こうしたぬるめのお湯に長時間つかることで、体の内部から温まることができます。

冷え性改善入浴法

冷え性に効果的な入浴法を紹介します。
(参考:本「女のカラダの緊急ハンドブック」より)

「温冷浴」

お湯と水、交互につかる入浴法です。水風呂を用意できなくてもシャワーや桶でかけることで代用可能。温浴は、体に負担のかからないように40度くらいのぬるま湯に、半身浴で入ります。温浴と水風呂(水シャワー)を繰り返すのが基本。血液循環が良くなります。また、皮膚への刺激が自律神経を刺激し、その機能を整える効果もあります。

「部分浴」

体の一部のみを湯につける「部分浴」は、怪我や病気などで入浴できない場合も利用できる入浴法です。体への負担が軽く、温熱による効果を得ることができます。

「足浴」

温泉地でさかんに行われています。足だけをお湯につけて温まる入浴法です。バケツなどに足首が隠れる量の、やや高い温度のお湯をはり、両足をひたします。足裏には全身のツボがたくさんあるため、全身が体の芯から温まります。衣服を着用したままで、読書しながら、また、語り合いながら温泉の効能を得られるのが特長です。血行がよくなり、疲労回復効果があります。

「手浴」

手と前腕を、たらいのような器につける方法が一般的です。42℃程度の湯に5分ほどつけると温まります。手浴だけで血行障害がよくなるので、手が冷える人にはおすすめです。

「半身浴」

38度~40度くらいのぬるめのお湯に、おへその上くらいまで20~40分くらいゆっくりつかります。血行が滞りがちな下半身を集中的に温めると、溜まっていた血液が全身をめぐり、ポカポカになります。高温の全身浴のように血圧があがる心配もありませんので、循環器の病気の人にも安心です。寒い時期には、肩に乾いたタオルをかけて入浴するといいでしょう。

「分裂浴」

10~15分間お湯に入り、2~3分間浴槽から出ることを繰り返す入浴法です。同じ温度のお湯に長時間つかるよりも、体がよく温まります。

お風呂におばあちゃんの知恵をプラスして、温まろう

湯冷めしにくい「薬草浴」もおすすめです。
冷えに効く薬草は、ヨモギ、ハッカ、ドクダミ、柚子、ショウブ…などがあります。木綿の袋に入れて湯船に浮かべて、入浴します。こうした薬草湯のゆるめのお湯に長時間浴をすれば、薬効による温め効果がアップするでしょう。
また、お酢やお酒をお風呂に入れても、冷え性改善に効果があります。含まれているアルコールが、毛穴に詰まった脂肪や老廃物を取り除いてくれるので、皮膚呼吸が活発になり、発汗効果もあります。

冷え性対策と改善法

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.