冷え性に悩んで10年以上という私が、自分の冷え体験をもとにして集めた、冷え性対策情報サイトです。

Home > 部分的な冷え > 手

手 - 部分的な冷え

手が冷える。その原因は

冷え性だと自覚している人の中でも、特に手の冷えや足の冷えに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。暖かい場所にいても、また真夏でも、手が冷たいという人は、手の冷えが特徴の「末端冷え性」といえます。
ここでは、手が冷える原因とその対策について紹介します。

手の冷えは、からだの末端に血液がうまく流れていないという状態です。熱が手にまで届いていないのです。手足は心臓から一番離れている場所にあり、血液が行き届きにくいために冷えやすいと言われます。

また、末端にある手足が冷える原因として、「熱を運搬する力の低下」もあげられるようです。熱を送り出す働きは、全身にある筋肉がそれを助けています。運動不足などが原因で筋肉が衰えたり、弱ったりすると、熱の運搬能力が落ちてしまい、熱が運ばれにくくなり、冷えが起こり始めます。
過剰なストレスを感じることでも、毛細血管が収縮して血行が悪くなりますが、このようにして血液の流れが悪くなると、体は大切な内臓を優先にして血液を循環させていきます。そのため、手や足は後回しにされて冷えてしまうのです。

オススメの成分はこちら>>

手の冷え対策

手に刺激を与えてみる

手先にまで血液が行き渡るようにするには、両手をこすり合わせたり、指先をマッサージしたり、手にあるツボを刺激したりします。手の運動として、グー・パーを繰り返すだけでも効果があります。

足を温める

手袋などをしっかりすることも大切ですが、手を温めるためには足先もしっかり温めることが必要です。手が温まっても、足先が冷えていると体は温まることがありません。

日頃から適度な運動を

日頃から体を動かすことを心がけることで、熱の運搬能力は高まります。

ストレス解消の方法をみつける

ストレスを解消できる方法を持っていることは、冷えにとってはとても有効な対策です。リラックスすることも大事です。

オススメの成分はこちら>>

部分的な冷え

▲ このページの先頭へ

Copyright © 私が試した冷え性対策アレコレ All rights reserved.